忍者ブログ
・ACファルベンU-15のお気楽なんちゃて監督による、日頃身の回りで起こる何気ない事を、なんとなく 文章にした他愛もないブログです。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

 進化している選手の成長を加速させつつ、停滞している選手の変化を待つ。毎年のことではあるが、現チームほど選手間に開きが出たことはないので、かつてないほど苦労している。

 しかし、選手には厳しい試合ほど楽しむように指導しているので、私もこの状況を全力で楽しみたいと思う。今週は、スッキリしない天気が続くようだが、気持ちは晴れやかに行きたい。
PR

 これは、間違いなく過去最低レベル。ここまで頑なに拒む理由は何だろうか。理由が分かれば対応しようもあるが、分からないからお手上げである。意味のない時間は本当に辛い。

 どうやら、明日は台風の影響で小中学校は休校になるようだ。試験も終わり、少し時間に余裕があると思うので、ファルベンイレブンには自分の現状を真剣に考える日にしてほしい。

 ちなみに、私も今日は時間があったので、ファルベンイレブンの現状を冷静に見つめ直してみた。第17期生の事、『新人戦』チームの事、そして最も気掛かりなサードメンバーの事。

 ファルベンイレブンとしてというよりも、サッカー選手として、チームスポーツに身を置く者として、まず最初に意識すべき事ができていない(いろはの“い”なのでなかなか先に進めない)。

 しかも、レポートを提出させると改善方法は知っている。しかし、全く行動に移そうとしないので不思議である。もう一度書こう。明日は、自分の現状を真剣に考える日にしてほしい。

 相手のレベルに関係なく、試合展開や点差にも関係なく、TRMや公式戦にも関係なく、常に自分の[100%]を発揮する。当然のことであるが、これは言うほど容易ではない。

 しかし、不可能な事でもない。ちなみに、ファルベンイレブンはその方法を知っている。ただ、知っているからと言って必ず出来るというものでもない(難しい話ではないが・・・・・)。

 この手の話、つまり{できる・できない}ではなく、{やるか・やらないか}。「やればできるのにやらない」という選手の気持ちは、正直なところ私には全く理解できない(もったいない)。

 誰にでも素晴らしい才能が眠っている。そして、それを起こすきっかけを作るのは指導者の役割だと思うが、本人が頑なに閉ざしたらお手上げである。早く気付いて変わってほしい。

 今日から、『選手権』九州大会が各地で開幕しているが、どうやら福岡県勢の勝率は比較的高いようである。この調子で、1チームでも多く全国大会に出場できるよう頑張ってほしい。

 ファルベンイレブンは、『選手権』に限って言えば既に蚊帳の外であるが、前向きに次の目標へ向かって着実に歩を進めている。そして、この時間が人生において最も重要だと思う。

 まだ朧げなれど、理想形は見えている。とことん拘って追い求めてほしい。深い谷から這い上がり、高い山を乗り越えて辿り着こう。強い意志があれば、きっとその距離も縮まる。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ACF U-15 なんちゃって監督
年齢:
43
性別:
男性
誕生日:
1974/04/30
職業:
サッカークラブインストラクター
趣味:
あらゆるジャンルのスポーツ鑑賞
自己紹介:
☆熊本県出身。
熊本市立白山小学校 → 熊本市立出水中学校 → 九州学院高等学校 → 九州産業大学商学部 → ACファルベン(1994~)
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析